ハルままの気まぐれ雑記 exharumama.exblog.jp

愛犬や趣味など日々の雑記、いろいろ気まぐれに綴ります。


by harumama-0325
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:篆刻教室( 36 )

<最終日>

朝は教室で授業、午後は会場入りしてササッと作品を見て、自分の作品の場所を確認、そして授賞式、作品の撤去とまぁ、目が回る忙しさでした。

まず授業ですが。
課題が、10月は成語印、11月は年賀印、12月は干支印を制作するスケジュールです。
もう正月のことを考えるの!?と毎年思いますが、今から取り掛かってちょうどいいのです。
毎年11月くらいから仕事も多忙に入っていくし、なんだかんだ用事が入ってきますから制作の時間が取りにくくなるから・・・

さっそく家である程度の印稿は作っておきましたので、教室で先生に見ていただきながら完成させました。
年賀状のレイアウトもほぼ決まりましたので、この成語印をつかう予定。
続いて、干支印も2作程つくって完成させましたが、今ひとつ納得いかないので3作目を書きかけています。

年賀印の印稿は、寒中見舞い用につくることにしました。
せっかくの印が使えない、見てもらえないのは残念なので、こういった時のためにひとつあってもいいかなと思ったので。
次回の授業までに、全て完成させるよ!!
さぁ、がんばれ、がんばれ、私!(^^)



そして、そして。
ランチもそこそこに美術館に行ってまいりました。
今日が授業でなければ、自分の作品も皆さんの作品にもお目にかかれないところでしたよ!

審査員の方、先生の作品、素晴らしい賞をとられた作品、やっぱり凄いです。
写真は自由に撮っていいので勉強の参考にしたい作品は全部写してきました。
これらは全て印刷・ファイリングして今後の製作にあたっての資料にしていきます。

授賞式に参加しましたが、あれは、う~ん、何年振りでしょうね、私。
学校の卒業式以来か???
・・・・いや、着物着付けの師範をとったときの授賞式以来か?
名前を呼ばれて前に出て賞状をいただくなんて、緊張するけど、気恥ずかしい面もあるけど、やっぱり良いモンです。ハイ。
b0167733_1538495.jpg

今度は“佳作”ではなく、ひとつふたつ上の賞をいただけるよう努力しないとね!
最近の決め事は、機会を見つけて、どんどん出展して、どんどん恥をかいて学んでいこう!です。
自分の性格からして、ヘタで見せられるようなものじゃないから隠す(?)ふうなことをしていたけど、それじゃ成長ナシだと。
厚かましいくらいでちょうどいいのかもしれない、こういうのって。

少し間があって、作品撤収。
自分の額を入れる袋と箱をさっさと手にとって片付けて、先生に挨拶をして、さっさと帰宅(笑)
いや・・・
久しぶりのヒールで靴擦れしてしまい、立っているのも辛かったから・・・・・と言い訳です。(^^ゞ
せっかくの作品と賞状と表彰楯は飾っておこうかな♪
b0167733_15264832.jpg

[PR]
by harumama-0325 | 2014-09-07 23:59 | 篆刻教室
9月4日から開催の勤労者書道展(京都市立美術館にて)に、今年も出展しました。
今日は搬入日ですが、あいにく仕事のため欠席です。
毎年、搬入搬出に行けないのが申し訳なく気が引けます。
せめて最終日は日曜日になったので授業のあとに搬出だけは行こうかな・・・と思っているところ。

そんなことを考えていたら先生から電話がありました。
な、なんと!
私の作品が佳作に選ばれた?! な、なんですって??? (@_@;)
吃驚して言葉がでませんでした。

「おめでとうございます・・・・」なんとかかんとか先生が話をしてくださるのですが耳に入らず。(笑)
2度も説明をさせてしまって恥ずかしかったけど、7日が授賞式なので必ず出てくださいね、という話でした。
ひゃ~~~!!! どうしましょ!!!
[PR]
by harumama-0325 | 2014-09-03 23:59 | 篆刻教室

<準備OK!>

今日は篆刻教室の日でした。
今年の吹田市展に思い切って作品を出してみようと思います。
7月の課題が成語印なので、作品出展用に彫ってみました。
先生のチェックも思いのほか順調で、いつもに比べると手直しが少なかったです。
あとは裏打ちしてもらったら額に入れて提出です♪

自分でいうのもなんですが、なかなか良い感じに仕上がったと思います。
審査提出期限が9月25日なので少し日はありますが、どうかどうか審査に通りますように・・・・
[PR]
by harumama-0325 | 2014-08-31 23:59 | 篆刻教室

<今年も出展>

今年も京都勤労者文化祭に作品を出品します。
印稿作成のときから制作に苦しんだのですが、なんとか仕上げました。
先生の補刀が入るでしょうが、締切日に間に合わせられました。
昨年10月の課題だった多字ですが、同じ文字で石のサイズを50mmにしました。

今、非常に肩がこってます・・・・
目もショボショボしてます・・・・
寝不足です・・・・
ヘタながらも頑張りました!! 9月4日から始まります!! 会場で見てくださーい!!(笑)
[PR]
by harumama-0325 | 2014-08-14 23:59 | 篆刻教室

<続々と・・・>

篆刻教室も今日から4年目に入ります。
もう4年!?と吃驚な感じと、それなりに成長しているのか?という疑問があって複雑な感じ。
こういった作品づくりというのは、とことん追及していくせいか終わりがないので歯がゆい反面、それが楽しさに繋がっているのかもしれません。

今年に入ってから印稿づくりばかりしてたので、6月は石を彫るのに徹しました。
続々と仕上がっていく作品を一斉に撮影。
出来映えを記録して今後の参考にしていきましょ♪
b0167733_1551281.jpg
これは昨年10月の課題でした。
やーっと彫り終えたものの、失敗です。(T_T)
一番中心の文字が傾いているし、水平垂直も整わず、線の太さも統一されておらず・・・・・
残念!
b0167733_1615167.jpg
知人の印をつくる、という課題でしたから、妹の印を作ってみました。
サイズは18mm角なので、少し大きめの用紙に使ってもらいましょう。
受け取った妹は、香という文字がどうしてもニコニコ顔に見えるらしく、その点が気に入ったと。
なんだか複雑な気持ちですが気に入ってくれたなら、まぁそれでいいです。(笑)
b0167733_16175856.jpg
こちらは漢印を学ぶという課題で、『舞陽丞印』を模刻。
25mm角で制作しました。
舞が難しかったけど思ったより上手くいったか?ちょっとお気に入り。
やはり印稿がうまくつくれていると後に彫ったときにいいものができあがることを実感!
b0167733_16242971.jpg
こちらは35mm角で成語印をつくることが課題でした。
ちょうど高校の恩師からお葉書を頂き、定年退職された旨のお知らせでした。
とてもお世話になったし毎年の年賀状も出させてもらっていますので、お祝いと慰労と感謝を込めて先生に差し上げました。
幸いが一杯に多いこと、という意味です。(^^)
その後、先生からお礼のお電話を頂き、卒業以来お会いしていませんでしたから、お声を聞いて懐かしかったです。
b0167733_16293273.jpg
こちらが6月の課題、呉昌碩を学ぶということで模刻です。
テキストの裏表紙に国宝「漢委奴国王」の印影があるのでそこから模刻してみました。
一度目は失敗したため石の反対側をつかって作り直し、なんとか形になりました。


遅れをとっていた分、一気に仕上げました。
失敗した多字『積善之家必有餘慶』は50mm角の石でもう一度制作の予定。
この言葉とても気に入ったので、ぜひとも成功させたい!
[PR]
by harumama-0325 | 2014-07-06 23:59 | 篆刻教室
3月になりました。
少しホッとするような暖かい日があるような、ないような・・・
毎日、愛犬の散歩で通る公園では梅が8分咲きで、傍を通ると甘い香りがします。

さて、今日は篆刻の授業でした。
昨年10月の課題だった初めての多字印(七~九字)。
35mm角の石で仕上げるのですが、なかなか印稿が作れず、書いては消し、書いては消し・・・・
気分が乗らないときは放ったらかしなので、どんどん遅くなり、今日やっと石に転写までこぎつけました。
同じ印稿を使って50mm角の石でも制作し、うまくすれば展示会に出したいと密かに思っています。(^^)
b0167733_16322142.jpg
(35mm)
b0167733_1632407.jpg
(50mm)


1月の課題は、下駄印。
長方形の石に、雅号の2文字を1文字ずつ朱文白文にします。
下駄の歯のように2字の間を分けてつくるべきだったのに、見本もそうなっていたのに、私、なぜか分けずに印稿をつくってしまいました。
先生に見ていただいたら「構いませんよ」と仰ったので、そのまま進めることにしました。
今さらやりなおすのは嫌だったというのが本音。(笑)
b0167733_1633434.jpg
2月の課題は、折派(せっぱ)の丁敬を学ぶということから模刻です。
24mm角の石に転写して、あとは上手に彫るだけ。(^^)
自分でいうのもナンですが、あまりにもキレイに転写できたので、それだけでうっとり・・・・(笑)
b0167733_16332844.jpg
3月の課題は、(←やっと本来の課題に追いつく。)知人の印をつくるということ。
これまでに何人か作らせてもらってきましたから、どうしたものか?と思案した結果、末の妹の印をまだ作っていなかったので制作してみることにしました。
辞書で文字を調べると、これまたカッコイイ文字ですよ。羨ましい!
印稿を書き始めていますが、18mm角で仕上げるので少し工夫を入れたいところです。(^^)



教室へ向かう途中で見かけた梅です。
京都はまだ大阪よりは寒いようで、ほとんどが蕾でした。
b0167733_15411662.jpg
b0167733_15413025.jpg
ぷっくり可愛い花です。(^^)
[PR]
by harumama-0325 | 2014-03-02 16:17 | 篆刻教室

<準備完了!>

あっという間に今年最後の月になり、更にそこから1週間が過ぎた!!
早い! 早すぎる! (>_<)
一生懸命いろいろ頑張っているけど、月日が経つ早さについていけてない私・・・・
気の焦りより放心状態気味か。(笑)

さて、年賀状づくりのために頑張っていた篆刻ですが完成しました!
来年の干支は馬! 可愛い系の馬と渋い(?)成語を組み合わせた印にしてみました。
馬のイラストは思ったとおりの出来映えで、尻尾は若干もんじろう(←彼は犬ですが)をイメージしています。
とても満足だけどイラストに力を入れすぎたせいか、成語は何だかぶさいくな文字になってしまいました。
残念!
b0167733_10185295.jpg
b0167733_10195242.jpg
あとは干支印と合わせて無地のハガキにどんなふうに押すかな~?


この他に、柴犬のシルエットと苗字を組み合わせた印もつくってみました。
これは手紙を書いたときなどに、ちょっとした遊び感覚で使うためです。
苗字の掲載は遠慮させてもらって、柴犬だけ見せちゃう!(笑)
このくるりんしっぽはハルをイメージ。
b0167733_10244456.jpg


それから妹も作品づくり(←篆刻じゃないけど)をいろいろしているので、名前印を作ってあげました。
これがまた篆書体にするとかっこいい文字になりましてね・・・・
制作しながら非常に羨ましい思いをしました。
私の名前は3文字で、画数が多くて、現代文字の書体と篆書体に大差がなくて親には申し訳ないけど、つまらなくて苦労した感があるんです。(笑)

あと私同様に、彼女はイルカがとても好きなのでイルカのイラストと名前を組み合わせた印をつくります。
ただいま必死で制作中・・・・ 

私は絵を書くのが苦手なのですが、見本があれば意外に真似して描けるのです。
先生は、例えそうだとしても今回の印稿はよくできていますよ、と絶賛してくださいました。
なかでも制作中のイルカが気に入られたようで、チェック段階では「一票!(^^)」と喜んでくださいます。
かなりプレッシャーがかかってます、私。 うまく完成させられるかな!?(^^ゞ
[PR]
by harumama-0325 | 2013-12-08 09:57 | 篆刻教室

<まとめてUP>

篆刻教室で次々に完成していく作品を久々にまとめて披露♪
b0167733_12494932.jpg
雅号印です。
先生が、「明風」or「月風」を提案してくださいました。
ベテランさん達の仲間入りさせてもらったような感じがして嬉しかった。
明るいという文字が気に入って「明風」を選択し、15mm角と12mm角の2本を制作。
作品展には、この印を使います。
b0167733_1250391.jpg
成語印。「瑞気集門」(35mm角)です。
めでたい気が家にその人の家に集まってくる・・・という意味。
b0167733_12505956.jpg
b0167733_12511113.jpg
こちらは、以前につくった肖生印にハマった影響で違う作品も作ってみました。
上が「長角獣」(12mm角)、下が「騎龍」(10mm角)です。
b0167733_12515844.jpg
引首印。「洗心」(長方形)で、心を洗い清めるという意味です。
b0167733_1252887.jpg
b0167733_12521833.jpg
こちらは以前に頼まれた名前印です。
上が圭子さん、下が理恵さんで、いずれもサイズは10mm角としました。
サイズ指定がなかったので、絵葉書や年賀状、お手紙など一番使う用途が多いものに合わせて制作。
理恵さんの文字は印稿も彫るときも結構大変でしたが、どちらもやりがいがありました。
そして、おふたりに差し上げたときも、すごく喜んでもらえて嬉しかったです。
b0167733_1253879.jpg
再び、成語印「人生一楽」です。
b0167733_12531878.jpg
そして、「雲中白鶴」
これらと先に掲載した「瑞気集門」は、今年の夏、2回作品展が開催されましたので出展しました。
今後も篆刻を続ける限り、作品展にも参加するだろうから思い切って自分の額を買いました。
自分専用の額に作品を入れて出展する緊張と嬉しさで、より一層、作品づくりに力を注げそうです。

現在、年賀状用に干支印と吉語印を制作中・・・・・
また写仏をする妹の名前印と、自分用にイラストを入れた名前印を同時に製作中・・・・・
さぁ、ガンバリマスヨ!!ヽ(^。^)ノ
[PR]
by harumama-0325 | 2013-11-20 16:00 | 篆刻教室
6月の課題は肖生印でした。
先生からいただいた資料にいろんな絵柄があったのですが、私は犬を飼っている(可愛がっている)絵を選んで作ってみました。
b0167733_1245440.jpg
ほぼ完成です。
絵の中に少し赤い点々が残っているので、それを取り除かないといけません。

なかなか可愛らしくできたので、ぜひ何かに使いたいと思って、どんな場面に使うとよいのか先生に聞いてみました。
この大きさからすると、封緘に使ってみると非常にオシャレじゃないかとご提案いただきました。
よし!(^^)と喜んでいるところへ、今度は先生がなぜこれに決めたのか?と理由を聞かれましたので、私はワンコが大好きで、このワンコを可愛がっている姿が愛しく思えたので・・・(^^)と話しました。

すると先生はポソッと、「これは犬ではなくて、馬ですね・・・、たぶん (^^ゞ」と。
そ、そうなの!?
確かによく見ると、人の背丈と動物の背丈、ほぼ同じか?
うーむ・・・(-_-;) い、いいです、馬でも。馬も好きですから、えぇ好きです、馬も。。。。
[PR]
by harumama-0325 | 2013-08-10 12:51 | 篆刻教室

<名前印の依頼>

今年も9月に京都市立美術館にて篆刻の作品展があります。
MY額も買いましたので今までより上達してるな!?と思ってみてもらえるような作品にしあげたいところ。(^^)
早いうちから印稿にとりかかっていましたので、なんとか期日より早く仕上げられそうです。

今年は6月下旬にも作品展がありました。
その案内ハガキを記念に2枚残して、あとはメモ用紙として使用してます。(^^ゞ
偶然に使い捨てのハガキを見られた知り合いから、名前印を作ってほしいという嬉しい依頼がありました。
やっとこさ上級の仲間入りをしたところなので、誰かのために彫るというのは少々、緊張するところでありますが何事も経験が大事なので挑戦することにしました。

ハガキくらいのサイズが、ちょっと使いには気楽かと思って10mm角を選びました。
今日、授業で先生に石の注文をしながら経緯を話したところ、「難しいですよ~」と言われ、制作前からビビッている私です。
まぁ、まずは印稿さ! それを書かなければ先に進まないもんね。
ガンバリマス!(^^)v



話は変わりますが、とても素晴らしい(?)漢方薬局を見つけてお世話になりはじめたのですが、なんとその店の袋が篆書体いっぱいで感動しちゃった私。(^^)
b0167733_16265231.jpg
ロゴも、よく見たらイノシシの上にうさぎが乗って(?)お薬を作っているの。
かわいい~~~!
b0167733_16265975.jpg
薄い緑色で薬剤のイラストたっぷり。
どれが何という薬剤かわかったら楽しいだろうね。
さしあたり、ウコンくらいしかわからん・・・ いや、それも正しいか否か・・・・(^^ゞ
[PR]
by harumama-0325 | 2013-08-04 23:59 | 篆刻教室